冷凍食品について

ここでは生産量をとりあげますが、人気が高い冷凍食品イコール生産数が多いわけではないの。 生産量は重量なので、商品のシェアだけでなく、その食材の「重さ」が関係しているわけ。 あんまり意味がないデータのようだけど、どんな食材が、メーカーとしては使いたいんだか、使いやすいんだか 知る目安になるわね。 例えば、みんなが大好きなカニ。カニコロッケとかカニしゅうまいとか売れそうでしょ? でも、エビや魚と比べるとカニはあんまり使われてないんだ。 コストや製造工程が煩雑になったりすると採算がとれないから、あまり使わないんだね。 また、一般的には人気の食材でも、コストや製造工程の都合で、あまり冷凍食品に使われないものもあります。 使われてるといえば「じゃがいも」がかなり多いんだ。もちろん重さもあるけど、そのつかえるメニューの多彩さ が一因よ。フライドポテトやコロッケなんかよね。 あと意外なところでほうれん草。お弁当に緑のものが欲しいときにはほうれんそうのバターいためとかおひたしとか、 最適でしょ。また、葉物として扱いやすいっていうのも大きいわね。 フライ類では、コロッケ、カツ、魚フライ、鳥の唐揚げがやっぱり多いの。。 でも、いかフライやえびフライといったものはそうでもないわ。 主食系の食品は、うどんとチャーハンが他を突出しているの。 うどんだけで、他の全ての麺類を引き離しているのよ。、チャーハンも、他の米類を圧倒しています。 うどん、チャーハンは冷凍食品界の二大人気商品であり、欠かすことは出来ないわね。 パスタとか焼きおにぎりは少ないみたい。好みが分かれるからかしらね。
最近、成長著しい日本の冷凍食品の市場。どのような品目がたくさん生産されているのか 2009~2010年の生産量から ランキング形式で見ていきましょう。 1位   コロッケ … コロッケが堂々首位の座を勝ち取りました。             お弁当のおかずや夕ご飯のメインデッシュとしても大活躍!   2位   うどん  … 意外な感じがしますが、お湯を沸かさなくても電子レンジでうどんが作れる。             昼食メニューとして主婦層にも人気です。結構もちもちしててうまいっ! 3位   チャーハン&ピラフ … 手作りでご飯からつくるとペチャっとしてしまいがち。                 でも、冷凍食品はパラっとした本格的なプロの味。 4位   ハンバーグ  … 言わずとしれた子どもの大好物。 5位   カツ  …  冷凍技術の進化により揚げ物はより美味しくなっています。   6~10位  餃子 シュウマイ ミートボール、たこ焼き  … お弁当や軽食に人気の世代を問わず                              親しまれているメニュー。おつまみにも。   11位~20位 … グラタン ピザ おにぎり から揚げ … おやつや夜食にぴったりの品目が並びました。                             から揚げが20位とはなぜでしょう?
保存が出来てしかもリーズナブルとてわれても、やっぱりそこは美味しくなくっちゃはじまらない。 「どうせ冷凍物なんか…」と食わず嫌いになっている自称グルメも人も多いはず。 今ほど冷凍技術が進んでいなかった頃の冷凍食品は、確かに揚げ物はべったり、水っぽかったりして美味しくないものも少なくなかったからしょうがない面もある。 そんな冷凍食品の記憶を持ち続けそれ以来冷凍食品から遠ざかっていた人が、アンチ冷凍食品派になっていたとしても不思議では無いわよね。 しかし!冷凍の技術は、年々凄まじい進化をとげているんですよー。競争の激しい世界だし、美味しくなかったら、次に選んでもらえない。代わりの冷凍食品は次から次へと発売されてるし。 だから、冷凍食品は、前とは比べものにならないほど美味しく、食感もよくなってる。たとえば、鳥のから揚げや魚のフライといった揚げ物なんか、今の冷凍技術だと、油っぽくなくサクサクの揚げたてみたい! 少なくとも私が揚げたのよりはウマい!(^_^;) それから、冷凍食品が美味しいと思わせる理由がもう一つあるんです。 冷凍食品の味付けは、やや濃い目にできてるんだよね。だから、子どもたちには大人気なんだよね。お弁当のおかずにもバッチリってことなんだね。
冷凍食品はとてもコスパがいいのはご存知、「保存できる」という大きなメリットを持っているから。 たとえば、ハンバーグをどうしてもお弁当にいれたいっ!とおもったら、手作りすると、ひき肉購入からはじまるよね。 でも、お弁当サイズの小さなハンバーグにはちょっとのひき肉でいいのに、売っているのは300グラムとかでしょ。 それに玉ねぎ、パン粉、たまご、材料と調味料合わせると結構1000円近い買い物になったりして… そして、朝から大量のハンバーグが完成。ホームフリージングだと風味が落ちるし、弁当には少しでいいし、なんだかもったいないよね。作る手間もかかるしね。朝の忙しいときにはできれば避けたいデス・・・ でも、冷凍食品のお弁当ハンバーグなら、なんと可愛い一口サイズのハンバーグがトレイに入っていて一個ずつ切り離してチンするだけ。お弁当のおかずがハンバーグだけ!なんていう事態も避けられます(^_^;) それでいていくつか入っていてセールなら200円ほど。うれしすぎるよ(^^♪ また、冷凍庫に戻しておけばまた来週のお弁当にだっておいしく使えるんだよ。 使い勝手がよくて、安くて美味しい。使い方によっては究極のコスパ商品だと思いマス。冷凍食品、最高!
長引く不況に、少しでも昼食代を浮かせるため、自宅からお弁当を持って行く社会人増えたよね。 材料探しにスーパーへ行ってみると、冷凍食品売り場の商品の量と種類に圧倒されちゃう。 「お弁当に便利」とうたっている商品だけで、ワンコーナーを占めるほど。 冷凍食品はお弁当作りにおいて最強の武器といっても過言ではないわ。いえ、冷凍食品なしではもはや毎日お弁当は ムリ。 その最大のメリットは「おかずのバリエーションが豊かになる」ということよね。手作りだと、少しのおかずをたくさん作るのは 手間も値段も大変よ。でも冷凍食品を使えば万事解決。 子供のお弁当づくり、「栄養もとらせたいし、キャラ弁までとはいかないけど可愛らしく作ってあげたいな…」 そこで冷凍食品をたっくさんストックしておくと、チーンってするだけで肉類、魚、野菜、デザートと満遍なく栄養もとれて、 しかも彩りがきれいで味も飽きられないよ。やったね! 多くの冷凍食品のストックの中から一週間のメニューの組み合わせを考えてもいいしね。幼稚園の子供向けの可愛らしいおかずから 成人男性のお腹も充分満足させられるボリュームのある一品までたくさんのバリエーションが発売されているから、電子レンジ一台で、 お弁当を完成させることも簡単。 冷凍食品の場合、欲しい分だけ小出しに出来て、残りはまた後日に使うとか、簡単に衛生的に出来るということが すごいメリットなんだよ。
技術的には、安全面、衛生面ともにまったく問題がない冷凍食品。 腐ってしまったり、菌が繁殖して食中毒が起きたなんてトラブルも、急速冷凍&低温貯蔵の冷凍食品にはまず無縁だから かえって「冷凍技術」は食品を安全に提供することに関してはとてもいいって広く知られてきてるのよ。 でも、「冷凍」という技術はその過程で、材料が悪くなっちゃうんじゃ…?って思うよね。 実際、家でに余っちゃった肉や魚、あるいは野菜なんかを冷凍して、しばらく経ってから解凍してみたら、スカスカだったとか、 マズかったという体験を持っている人も多いと思うよ。 だから、「冷凍=不味くなる」という印象が根強いのもわかるわかる。 しかし、結論からいうとこれはかなり間違った先入観なのよ。 確かに、家の冷凍冷蔵庫で、冷凍した物を解凍すると、先ほど述べたようにスカスカになったり、パサパサしたり、あきらかに風味が 落ちてるってことはあるわよね。 家庭で行う「自家製冷凍食品」では限界があるんだって。ゆっくり冷凍していく間に食材の組織が壊れ、味や食感どころか本来の 栄養素までも壊してしまうんだってコワっ。 市販の冷凍食品は「急速凍結」されているの。 この技術は、食品の細胞が壊さずに、風味をそのまま閉じ込めてしまうことができるから、マイナス18℃以下での保存を保っていれば、 ビタミンCなどの栄養素がほとんど無くならないって、研究によっても明らかになっているんだよ。 だから今では、多くの有名な料理人や行列の出来る名店が凍食品に参入してきているわ。 保存という絶対的な使命を背負った冷凍食品。味、食感、栄養という難関をもクリアした冷凍食品。 食品のなかの優等生だね。
1990年代になると、一気に冷凍食品も種類が増えたわね。 元々は「冷凍することで保存ができる」という考えから生まれた技術でしょ?だから大量に食品を保管するレストランなんかの 飲食業界では、もう欠かせない存在よね。 すごい沢山の種類の食材、クリームやケーキ類、ピザ、グラタンなどといった日持ちしない食品を冷凍して、流通させるという 「業務用冷凍食品」は食品業界とって切っても切り離せないものになったということ。 また、冷凍技術の飛躍的な進歩で、それまでにはありえなかった「揚げ物」や「焼き魚」「肉料理」なんかのお惣菜までも冷凍食品 として開発され、食事とかお弁当のおかずとして広まっていったの。 でも、冷凍食品ってホントに大丈夫なの?っていう不信感もまだまだ残っていたんだよ。 食材を急速冷凍したからって、ちゃんとと品質が維持できるのか…という疑いは、結構早くから納得してもらえたんだけど、 「冷凍するんだから、良くない材料を使っているんじゃない?」とか、「他の調理で余った物を使っているのではないか?」 なんていう、原材料に対する疑い根強かったわ。 特に、食材に関しては海外からの輸入が多いから、その点への不安は多くの人が持っているんでしょうね。 実際、2000年代に入り、中国から輸入した冷凍ほうれん草から残留農薬が検出されたり、冷凍餃子から有害物質が検出されて、 健康被害が出たことは、ショッキングな事件だったわよね。原材料の欄を見て買うようになった人も多いんじゃない? でも、これら例外的な問題を除けば、冷凍食品という技術は安全面、衛生面になんらかの問題はないし、科学的にみても 安全なんだって。
そもそも、冷凍食品ってなにかしら?「冷凍食品コーナーに売っている商品」っていうのは当然としても どうやら冷凍食品には、冷凍食品として認められるための要素が決まっているみたい。ちょっと小難しいけど 紹介していくわよ。 冷凍食品として認められるには、国によっても様々な基準、法律が存在しているの。 だから、「これを満たしているから冷凍食品」「これを守ってないから冷凍食品ではない」とは言い切れないけど、 ただ、世界共通の決まりはあるのよ。それを満たしている商品は「冷凍食品」ってことになるわね。 1. 下処理がなされている … 食べられる部分のみを使用しそれ以外を処理する。                (魚であれば、骨やワタを抜くなど) 2. 急速冷凍されている  … 食材を変質させたり、劣化しないように短時間でマイナス1~5度の「最大氷結生成温度帯」                での冷凍処理をする必要がある。 3. 品温がマイナス18℃以下に保たれている … これにより、ほとんどの冷凍食品が一年以上も当初の品質を保つことが可能。                        もちろん、以上は適切な包装がなされていることが、大前提。
ひとり暮らししてると一人分の食事とか、お弁当のおかずって作るのめんどくさいよね。料理ってレシピも数人前を作る事が前提でしょ?材料も、調理器具も。 それを一人分だけつくることは、かえって手間がかかることに…。 主婦だって子どもやダンナのお弁当なんかのおかずは一人分て効率悪すぎよね。 モチロンある程度の量を作り、それを夕食に回す…ことも出来なくはないけど、お昼に食べた物をまた夜に食べさせるのは、 ちょっと気がひけちゃうし。 お昼のお弁当のおかずというのは、世の主婦達にとって天敵みたいなもの。 そんな主婦やシングルの悩みの種を、たちどころに解消してくれる天の助けがあるのよ。 それが、冷凍食品なの。 冷凍食品が世に出てからかなり経つけど、その市場は年々広がっているのです。 次々とワイドショーやニュースでその美味しさや安全性の高さ、便利さがどんどん紹介されていることが、「基本手作り派」の 熟年世代さえ冷凍食品に向かわせていることを知ってるかしら? 冷凍食品が大人気のワケは、欲しい分だけのおかずが簡単に作れちゃうから。でもそれだけ? 次に冷凍食品の技術のスゴイ進歩について覗いてみましょう!
相互リンクや広告掲載などのお問合せはサイト右上の「お問合せ」からお願いします。